Home  iMindmap  Seminar  Instructor  Information  AboutUs  Link



 マインドマップ(R)とは


 マインドマップ(R)とは、英国の教育者トニー・ブザン(Tony Buzan)氏が開発した創造的な思考技術(思考・発想法)の一つです。
 当初マインドマップは、ブザン式学習法(記憶術・読書術・ノート術)の一部として発表されました。自分が考えたいテーマを用紙の中央に絵(イメージ)で描き、そこから放射状に枝(ブランチ)を伸ばして、キーワードやイメージを繋げながら、発想を広げていきます。
 色を効果的に使用することや、枝の上にキーワードやキーイメージ(図・絵・アイコンなど)を載せ、放射状に展開することで、情報を一枚の紙に集約するなど、記憶に役立ちます。


 マインドマップ(R)の特徴 (重要なポイント))
☆イメージの重要性☆
 セントラルイメージを含め、全体にイメージを多く使用します。
 イメージは記憶の定着の手助けを行い、そこから発想も広がります。

 マインドマップを描く際に重要になるのが、セントラルイメージです。
 一枚のマインドマップの顔とも言えるもので、用紙中央に3色以上使用し、
 できるだけ脳に印象を与えるものにしてください。
☆カラーの重要性☆

 ブランチごとに色を変えるなど、極力カラフルにします。
 モノトーンから色を使用することにより、その情報量は格段にあがります。
 脳の働きも、単調なものより、カラフルなものの方が活発になります。

☆曲線の重要性☆

 ブランチは、なめらかな曲線にします。
 中央から先に行くに従い、段々細くします。

 曲線を利用することで、リズム感やその他の感情表現も可能となります。
☆ワンワードの重要性☆

 ブランチの上には、キーワードを単語レベルで載せます。
 決して文章や句、節などにならないよう注意しましょう。
 どうしても文章を書きたい場合は、噴出しなどを使用するようにしてください。

 キーイメージは特に重要で、記憶を想起する際に違いが実感できるでしょう。



 マインドマップ(R)の基本用語)
セントラルイメージ ☆セントラル・イメージ☆

 マインドマップの中央に描くイメージのこと。
 マインドマップのテーマを表すイメージ(絵)を3色以上を使ってカラフルに
 描くことで、目を引き脳が関心を持つようになります。

 描いたマインドマップを後から見直す際にも、記憶のフックなる重要なものです。
メイン・ブランチ ☆メイン・ブランチ☆

 セントラル・イメージから直接伸ばす太い曲線(枝)のこと。
 メイン・ブランチの上には、その記述内容についてもっとも重要な事柄や
 大きなカテゴリを記述します。
BOI ☆BOI(Basic Ordering Ideas)☆

 メインブランチの上に太く、大きく描く。(文字でもイメージでもよい)
 普段書き慣れたものであれば、5W1Hなどフレームワークの要素を取り
 入れることも可能である。
サブ・ブランチ ☆サブ・ブランチ☆

 メインブランチの先から分かれるように伸ばす細めの曲線のこと。
 放射状に広がり、順序や階層に従って、連想する言葉やイメージをかく。
 階層構造が分かりやすいように、外側に広がるほど線を細くし、文字や絵も
 小さくする。重要な文字やイメージは、大きく描いたり、マーカーで目立たせよう。







【問合せ先】 : toi@mindmap.co.jp


Copyright(c) MINDMAP.CO.JP 2012 All Rights Reserved.